クービック予約システムから予約する
TEL    0547-37-1393
FreeAccess 0120-100157

鬼滅の刃 無限列車編

2020年10月23日

 

日曜日の昼下がり
 
忙しい週末の営業もつかの間の時間を迎える
 
緊張の糸が緩んだ時に駐車場に1台の軽トラック
 
不愛想な宅配業者が届ける記憶のない荷物
 
差出人も記憶のないどこかの法人から
 
荷物は片手で持てるような軽い段ボール箱
 
「何か懸賞出したっけ?」
 
ちょっとだけ期待を込めて開封
 
忘れてた鬼滅の刃ナノブロックの到着です。
 
物が届いたのは良いがいったいこのくそ忙しい日々の中、いつこれを作ればいいのか?
 
親父の葬儀後、役所関係の手続きはおろか、保険関係の手続きも手付かずだというのに…
 
でも映画公開後、世はまさに鬼滅ブーム
 
少し前まではネットの芸能ニュースは半沢直樹一色だったのにこの変わりようは何?
 
作って飾るのを今逃したら二度と日の目は見ない。
 
なので休日に寝る間を惜しんで全集中!
 
一気に4個を積み上げました。

 
ついでに近所のドラックストアで菓子玩具の鬼滅の刃の屏風を購入
 
これで雰囲気出る。
 
さあ、見るのなら今!
 
鬼滅の刃全22巻と一緒に待っている。

 
だってもうすぐにクリスマス仕様に変わるから

 


平凡な日常